見せます!痛くない歯医者の見分け方

お子さんでも安心!痛くない歯医者のチェックポイントとは

痛くない歯医者の見分け方

ときに皆さま、歯医者はお好きでしょうか。好き好んで歯医者に行く者は少なくないだろう。だが、誰しもが歯医者で痛い思いをすることは好まない。痛いこと以外に、なぜ人々は歯医者へ行くことを嫌がるのだろうか。それは、痛いこと、治療のために中長期的に、適切な間を開けつつ定期的な通院をする必要があるからである。

痛くない歯医者とは

歯医者での治療が痛い理由はわかった。麻酔の効き具合には個体差があるのでちょうどよく一発で効くとは限らないし、もし痛くても、その痛さの程度や場所を歯科医に伝えようにも、患者は口を大きく開けた状態で固定されており、満足に話して意思疎通を図ることができないからである。では痛くない歯医者はなぜ痛くないのか。

痛くない歯医者の見分け方

では、治療で痛みをほとんど感じさせない歯医者とはどのようなところなのだろう。どうやって「痛い」「普通の」歯医者と区別することができるのだろう。そもそも、現在、歯科はコンビニより数が多い。それぞれの個性から、できるだけ痛くない「あたり」の歯医者を見分けていく。

歯医者はお好き

今や、日本全国に存在する歯科クリニックの数はコンビニエンスストアよりも数が多いとも言われるが、その腕前はそれこそ上から下までさまざまである。だが、歯科医との出会いは一期一会、腕が良く、患者に痛みを感じさせない歯科医とは本当に存在するのだろうか。また、そんな者に調子よくで会うことができるのだろうか。
まず、歯の治療には痛みはつきものである。歯の奥には神経が通っており、虫歯ではこの神経にまで虫歯菌が達して炎症が起こることによって痛みが発生している。これを収めるため、歯そのものを削ったり、穴を開けたりするのが歯科医の仕事なのだ。痛くないわけがない。
麻酔と言うのは効き目に個人差があるし、麻酔をかける口内の場所によっても効き目が変わってしまうから、というのもある。一方で、麻酔をしているのに、顎を通じて頭に直接振動や音が伝わって痛い、ということも当然ある。そう考えると、優しい歯科医が担当している歯医者を探すことが大事だろう。
こうした治療方針を探るには、歯医者のホームページを読み込むことが大切である。特に「小児歯科」「無痛治療」といったキーワードが散りばめられていた場合、その歯医者は患者の痛みを軽減するために努力や工夫を重ねているということになるのだ。実際に担当してくれるであろう歯科医のこうした治療方針や、特徴としている強みを正確に把握してこそ、その歯医者が果たして、普通は痛いものを痛くないように工夫しようとしているか判断することができる。

おすすめリンク

説明が丁寧な代官山の歯医者

治療前後の説明を丁寧に行なってくれると代官山で評判の歯医者さんリストです。ご活用ください

トップへ